regional order forms    
注文用紙
    
¥ $
comatonse recordings shop
ショップ

original
releases
by
k-s.h.e...

 
package design
デザイン

|
reviews
レビュー

|
sold out
売り切れ
kami-sakunobe house explosion routes not roots
ルーツではなくルート (2006)

 

K-S.H.E: Routes not Roots | Full-length CD Album | Released 2006 | C.013.CD

  1. Down Home Kami-Sakunobe / 上作延村立 07:07
    (Excerpt / 抜粋) 0:30 500K MP3 128kB/s
  2. Saki-chan (Pt.1) / サキちゃん(Pt.1) 02:44
    (Excerpt / 抜粋) 0:30 500K MP3 128kB/s
  3. Hobo Train / 浮浪者 12:50
    (Excerpt / 抜粋) 0:30 500K MP3 128kB/s
  4. Fuck the Down-Low / カミングアウトしろ 02:04
    (Excerpt / 抜粋) 0:30 500K MP3 128kB/s
  5. B2B / ブラザー2ブラザー 09:50
    (Excerpt / 抜粋) 0:30 500K MP3 128kB/s
  6. Stand Up / スタンド・アップ 06:03
    (Excerpt / 抜粋) 0:30 500K MP3 128kB/s
  7. Black is the Color of My True Love's Hair / 愛しい人の黒い髪 02:47
    (Excerpt / 抜粋) 0:30 500K MP3 128kB/s
  8. Double Secret / Wナイショ 06:21
    (Excerpt / 抜粋) 0:30 500K MP3 128kB/s
  9. Saki-chan (Pt.2) / サキちゃん(Pt.2) 01:41
    (Excerpt / 抜粋) 0:30 500K MP3 128kB/s
  10. Crosstown / クロスタウン 13:39
    (Excerpt / 抜粋) 0:30 500K MP3 128kB/s
  11. Head (In My Private Lounge, My Pad) / プライベート・ラウンジ 06:09
    (Excerpt / 抜粋) 0:30 500K MP3 128kB/s
  12. Infected / インフェクション 08:34
    (Excerpt / 抜粋) 0:30 500K MP3 128kB/s


 

Packaging: CD in Mini-Jacket with hand-colored obie, phonograph style collector poly-sleeve, phonograph style anti-static inner sleeve, and 4x4 panel poster insert printed on newsprint. Each CD hand assembled by Terre. Illustrations and design by Terre.


press release (2006)
プレスリリース (2006)

"Today's dancefloors are wakes in remembrance of a mythological era of openness that never was. Remember where you were. See where you are.... I'm in Kami-Sakunobe." (K-S.H.E)

"Routes Not Roots" is the debut album by K-S.H.E (Kami-Sakunobe House Explosion), the newest project from internationally celebrated producer, label owner and DJ Terre Thaemlitz.

K-S.H.E "Routes Not Roots" combines Comatonse Recordings' notorious "Fagjazz" sound with the classic NY Deep House and Cross-over dancefloor sensibility of "DJ Sprinkles' Deeperama," Thaemlitz' bi-monthly event held at Club Module, Tokyo. The results are spacious, bass-heavy, epic dance mixes filled with dark humor and harsh realities.

As people have come to expect of Thaemlitz releases, "Routes Not Roots" mixes a wide range of social themes such as identity vs. immigrant status; community vs. tranny-on-tranny violence; authenticity vs. cultural decontextualization; openly gay African-American club imagery vs. gay sex on the Down-Low; innocence vs. childhood fantasies of violence; and more. From HIV drug trials to tranny and women's unemployment rates to sexually amorphous Japanese cross-dressers posing as high school girls, K-S.H.E doesn't miss a beat.

「今日のダンスフロアは伝説と化した、オープンと言われた−決してそうでなかった−時代を偲ぶお通夜です。あなたがどこにいたか覚えておいて。あなたがどこにいるか確かめて。わたしは上作延にいます。」(K-S.H.E)

「ルーツではなくルート」はK-S.H.E(上作延ハウス・エクスプロージョン)によるデビュー・アルバムです。K-S.H.Eは国際的に有名な生産者、DJ、自身のレーベル「Comatonse Recordings」から発表を続け、世界中のサウンド・クリエーター/リスナーからリスペクトを受けるテーリ・テムリッツによる最新のプロジェクトです。

K-S.H.E「ルーツではなくルート」では、東京クラブ・モジュールで隔月開かれるテムリッツのパーティー「DJスプリンクルズのディーパーラマ」における、クラシックNYディープハウスとクロスオーバーの混ざったダンスフロア感と、コマトンズの悪名高い「Fagjazz」の音を組み合わせました。結果はブラックユーモアと厳しい現実で満たされた、広がりの在る、低音の激しいダンスミックスの大作となりました。

人々が今までテムリッツのリリースに期待したように、今回の「ルーツではなくルート」でも広範囲の社会テーマをミックスしています。アイデンティティーvs.移民資格。コミュニティーvs.ニューハーフ間の暴力。確実性vs.盗んだ文化。 クラブにおけるアメリカの黒人オープンゲイ神話vs.「Down-Low」黒人隠れホモブーム。無邪気vs.子供の遊びの中にある暴力性。それらとHIV薬物検査から、ニューハーフと女性の失業率への、性的に無定形で日本の女子高生に装うトランズジェンダーまで…… K-S.H.Eはビートを逃しません。


tracks
トラック

01. Down Home Kami-Sakunobe / 上作延村立 07:07

(Excerpt / 抜粋) 0:30 500K MP3 128kB/s

 

02. Saki-chan (Pt.1) / サキちゃん(Pt.1) 02:44

(Excerpt / 抜粋) 0:30 500K MP3 128kB/s

My name is Saki. I am Japanese and Transgendered. Three years ago I started this style, because I like this style. When I was a junior high school student... my adoration of this style began, and I wondered... why am I a man? I envied women. They wear skirts and make-up. When I was a child it was a secret, secret... yes... while a junior high school student. But, sometimes I dressed up at home inside my house... but I thought it was bad so I stopped. I really held it in, for a long time, until I moved out on my own. I live on my own now, so I dress in this style. Maybe I think most people start cross-dressing in one's own room, in front of a mirror. To step outside it is too frightening.

The scene was midnight. I went as far as a local vending machine and returned home. It was like that.

The first time I went out in the daylight was to Harajuku in Tokyo. Many people... I was in this style, Japanese school girl style. My heart was pounding. But it was very fun because, because people, nobody cared. When I wear jeans, they see a man. When I wear a skirt, they see a woman. I am lucky. My face is feminine, style is feminine. I'm not big. I wear the Japanese school girl's style. For example, white blouse, navy vest, navy blazer, Tartan-check skirt, and white high socks and loafers... school girl style. Maybe there is no meaning to it... I have no money, this is a cheap style. Maybe when I can no longer pass as a student I will dress in an adult lady style. But everyone tries to preserve this image. Sometimes I dress in a different style, but they ask, "Why? Why? You should dress as a school girl!" Everyone says so. Maybe my next look will be a Japanese office lady uniform. When I can no longer dress as a school girl, I think I will dress in a women's office worker uniform.

マイ・ネーム・イズ・サキ。 トランズジェンダーの日本人です。 三年前に、この格好を始めました、このスタイルが好きだから。 中学生の時に、憧れました。 どうしてわたしは男、と思った…  女性を羨ましく思いました。 女性はスカートを着るし、メークするし… 子供の時に、女装することは秘密でした… ナイショ。 でも、ちょっとお家で‥‥ 家の中で… でも、悪いことだと思ったから、止めました。 すごく我慢してました、ずっと、一人でくらすようになるまで。 わたしは今一人で暮らしているのでこういう格好します。 たぶん女装する人はおそらく自分の部屋で着ます、鏡の前で… そとに出るのは怖いです。

シーンはミッドナイト。 近くの自動販売機、あそこまで行って、帰って来る… そんな感じで。

わたしは昼間初めて、東京の原宿、沢山の人の前でこの日本の女子高生の服を着ました… ドキドキ!でも、とても楽しかった。 なぜならば、人、皆さんはわたしに気付きません。 Gパンの時は男に見える。 しかし、スカートをはいたら、女に見えます。 わたしはとてもラッキーです… 顔は女性っぽいし、スタイルも女性っぽいし、小さいし… 日本の女子高生風の格好をします… たとえば、ホワイト・ブラウス、ネービー・ベスト、ネービー・ブレザー、タータン・チェックスカート、また白いハイソックスとローファー… 日本の女子高生スタイル。 たぶんこのスタイルは意味がないです… お金がないので、このスタイルは安いです。 たぶんパスしなくなったら、アダルトレディースタイルを着る… 皆このイメージを持ってます。 時々違う格好したら、「なぜ?女子高生の格好しなさい」皆さん言います。 たぶん次ぎはオフィスレディー… スクールガールを卒業して、就職した格好かもしれません。


03. Hobo Train / 浮浪者 12:50

(Excerpt / 抜粋) 0:30 500K MP3 128kB/s

(Found source)
Hey yes, sistas... work!
Work, work, work, work, work!

Hey yes, sistas, the ability to get work so dearly beloved has gone... is no longer with us. I say, is no longer with us. The other day I was walking down the street past the unemployment office, and there was a line about five miles long. People were standing there hungry, looking for work, but all the work was already gone.... But we gotta keep on keepin' on. We gotta keep on struggling. We gotta keep on trying, even though our salaries, I say, our salaries are slowly, slowly dying. And all the while that old grim reaper called inflation, talkin' about inflation, is a'standing right outside that door... A'standing, a'watching and a'waiting!

Hey yes, the ability to get work has gone.

(サンプルから引用)
ねえ、シスター… ワーク!
ワーク、ワーク、ワーク、ワーク、ワーク!

ねえ、シスター、最愛の仕事を得る能力はもう死にました… もう枯れました。先日、私は通りを歩いて職安の前を通りました。そこには、長さ約8キロの人の列がありました。人々は空腹で、仕事を捜し、立ち尽くしていましたが、仕事はなにもありませんでした… でもさ、私達はまだまだ頑張ろう。まだまだ努力しよう。まだまだトライしよう。たとえ、私達の給料がゆっくり、ゆっくりなくなっていくとしても。そしてその間じゅう、インフレという名の老いぼれた死神、ねインフレって名前よ、そいつがドアのすぐ外に立っています。立っています。見ています。待っています!

ねえ、仕事を得る能力はしにました。


04. Fuck the Down-Low / カミングアウトしろ 02:04

(Excerpt / 抜粋) 0:30 500K MP3 128kB/s

(Found source)
Brother on the DL: Hey brother, what's your secret?

Queen 1: My "secret?" Please!

Queen 2: That's the man with the answers to all my questions!

Queen 3: Go on with your bad self, girl!

(サンプルから引用)
『Down-Low』(ダウン・ロー)はアメリカの黒人社会で、ストレートの男が隠れて男とセックスする事です。

ダウン・ローの男:おい、ブラザー… 秘密があるだろう?

ゲイ1:「秘密」?なにも秘密なんかないわよ!

ゲイ2:それが答えよ!

ゲイ3:そうよ!


05. B2B / ブラザー2ブラザー 09:50

(Excerpt / 抜粋) 0:30 500K MP3 128kB/s

(Found source)
Brother to brother....

(サンプルから引用)
ブラザー・トゥ・ブラザー…


06. Stand Up / スタンド・アップ 06:03

(Excerpt / 抜粋) 0:30 500K MP3 128kB/s

(Responding to woman laughing loudly in audience.)
She has a beautiful voice, doesn't she? Is it any wonder why I don't put more effort into sounding like a woman?

So yes, I spent my high school years as a hillbilly gender bender. And when I turned eighteen I just got the hell out of there, you know. I just ran for New York as fast as I could. So I had been there about, I don't know, five or six months and I was riding the subway, doing alright. Suddenly the door flies open between cars and in comes a group of five or six Puerto Rican queens, and I mean they were flaming. And these queens were like, you know, horsing around a bit... pretty young, but I thought, "Oh, wow! This is really cool. Yeah, you know, like a gang of Queers, yeah. It's like, 'we're safe now!' Right on, sister! You know, they were horsing around, and then suddenly all these queens are standing around me, and the kind of head queen - I'll just never forget her, she's real thin - starts calling me, "Bitch!" And I'm thinking like, "Excuse me? What is going on?"

And suddenly the train stops and this queen grabs me by my hair, and literally yanks my head down to the floor, slams my body to the floor, and drags me by my hair off the train. I mean, talk about your surprises... I did not see that coming! So I'm getting dragged off the train. Luckily it happens to be my stop.

So this queen starts dragging me up the stairs to the train transfer, and I don't know if you know New York, but this was the 14th Street station transfer between the L and One/Nine Lines, and that is a long underpass. So she's dragging me by my hair - I'm still on the ground, disoriented and unable to get up yet - dragging me by my hair up the stairs and all her little cronies are giggling it up and stuff. And she's just going, "Bitch! Bitch!" and gets me to the top of the stairs. I try to get up and she swings me around and throws me down to the ground and goes, "You like that, don't you bitch!" I'm trying to get up, but every time just before I can get up she grabs me again by the hair, slams me down, spins me around so that I'm dizzy and disoriented... And I just remember going through this pass maybe about, like, two or three yards at a time, getting thrown down, and... Nobody really seemed to express any sort of alarm or anything. And this queen just kept throwing me down, and every now and then one of these other queens would kick me or something. And, just "Bitch! Bitch!" And I'm thinking, like, "What the fuck is going on here?!" Why isn't anybody helping... or at least getting... I'm like, I didn't expect them to jump in and take on this gang of Puerto Rican queens, but it's like, you know... why didn't somebody just run and get some help from the staff or something? And so I'm trying to get up... I'm getting hysterical, of course, and... I finally manage to get up and run, just run as fast and hard as I can to get to the other end of the transfer just to get away from these queens, and, um... As I get there, there are two Metro Police officers that are supposed to patrol the subways, and they're just exiting the station right then, and I grab one of them by the arm... These are like real police officers, with guns, and they're like real - real, you know, American cops, you know? So, I'm like, "Look, I'm being chased by these guys! You gotta help me!" And literally this guy just says, "It's not my business," and walks out. And I'm standing there like, "What the fuck is going on here?"

(Speech starts to get more nervous) Meanwhile, this gang of queens is still coming down through the transfer, you know. They're taking their time. You can hear them whooping it up as they come down. And then I go to, like, you know, the station attendant who's inside this bullet proof, uh, case, you know, to sell the tokens to get into the subway and I'm like, "Look, please call the police! Get some help!" "I don't want anything to do with it," she's saying. And, you know, I'm just thinking, like, "What... what is going on here?" and, and you know, where is... Where are the people who are supposed to be helping me? Where is the... You know, this... betrayal of being beaten up by a gang of sisters, you know? And at the same time having these other people not wanting anything to do with it, and these people looking at me as if, like, well... I'm on the floor, looking up, looking at them, and they aren't doing anything, and they don't even... They don't even look concerned, and...

So I manage to... a different train comes in and I manage to jump into a train before, you know... get into a different train and leave the station before this other, before the gang got back there and... You know, I just don't know how to deal with this situation, and, and, and.... I'm holding my head, like this with my hands in my hair and, and I pull my hand down and it's, it's filled with, with hair... You know, because they had pulled out my hair. It was all loose. Just, my hair, my hand was just filled with hair.

(観客の中で大声で笑う女性に答えて)
彼女の声は美しいわね、そう思わない? 女性みたいな声になるようにもっと努力しないのも、わかるでしょ?

そうです、私は高校時代を田舎者の変態(性別不明な者)として過ごしました。18歳になったときご存知のようにそのくそ田舎を抜け出しました。できる限りの速さでニューヨークへ逃げました。ニューヨークに来てから多分5,6ヶ月たった頃、いつも通り地下鉄に乗りました。 突然車両間のドアが開いて5,6人のプエルトリコ人のクイーン(おかま)が私の乗っている車両に入ってきました。 ふざけながら歩いてくるクイーンたちはとても若く、それを見て私は『わあ、かっこいい。クイーンのギャングみたい。これで私達も安全かしら。いいわ、シスター!』と思いました。 彼女達はふざけていたのですが、突然すべてのクイーンが私の周りに立ちはだかりました。そしてクイーンのリーダーが ー 私は絶対に彼女を忘れることはないでしょう、とてもとてもやせていました ー 私を「ビッチ」と呼び始めたのです。 私はわけが解らず、「なに、なんなの?」と思いました。

すると突然電車は止まり、リーダーは私の髪の毛を掴み、本当に私の頭を床に引き下ろし、体を床に叩きつけ、髪の毛を掴んだまま電車から私を引き摺り下ろしたのです。 びっくりしました。こんなことが起こるなんて!! 電車から引き摺り下ろされるなんて。 運良く?そこは私の降りる駅でした。

次にそのクイーンは電車の乗換の階まで私を引き摺り上げました。皆さんニューヨークのことはご存知でしょうか。14丁目駅はL線と1/9線の乗換駅で長い地下通路でつながっています。 彼女は髪を掴んで私を引き摺ったまま、その間私は地面の上で、混乱し立ち上ることもできずにいましたが、上の階まで私を連れて行きました。その間彼女の仲間達はそれを見てくすくす笑っていました。 そして彼女は「ビッチ!ビッチ!」と私を呼び続けたまま上の階に私をひ引き摺りあげました。 私は立ち上がろうとしましたが、もう少しで立ち上がれそうになるとまた彼女は私の髪をつかみ私を叩きつけ、引き回し、私の目を回し混乱させるのです・・・・ ただ思い出すことは、2、3メートル毎に床叩きつけられながらこの通路を進んでいったことだけです・・・ 誰も、通報するなど、助ける素振りはまったくありませんでした。 ただただ繰り返される、「ビッチ!ビッチ!」 私は、考えました。「一体ここで何が起こっているのだろう?」と。 どうして誰も助けてくれないの・・・助けてくれないとしてもせめて・・・ 別にここへ駆けつけてきて、プエルトリコ人のクイーンたちを止めてほしいと期待したわけではなくて、私はただ、わかるでしょ、どうして誰もたとえば走って駅員とかに助けを求めに行ってくれさえしないのかしら?と思いました。 それで私は立ち上がろうと頑張って・・・ ついにどうにか立ち上がることができたので、このクイーンたちから逃げる為に、この乗換通路の反対側へたどり着く為、渾身の力とスピードで走りました。そして・・・ 反対側の端へたどり着くと、そこに地下鉄内を巡回していると思われる鉄道警備隊の警官二人がいました。彼らはちょうど駅を出ようというところでした。私は彼らの腕をつかみ・・・ 彼らは本当の警官のように見えました、ガンを持っていて、ね、わかるでしょう、本当のアメリカの警察官ですよ。 だから私は「ねえ、見て、私はあの人たちに追われています。助けてください!!」といいました。そしたら「関係ないね。」といって警官達は歩いて去っていきました。 「いったいなんなのー!!!???」という思いで立ち尽くしました。

(話の続きが始まる。より不安な声で) その間も、そのクイーンのギャング達は乗換の通路を追ってきます。 ゆっくり急ぐようでもなくただ迫ってきます。 彼女達が近づくにつれて騒ぎ声が聞こえてきます。 私は駅員のいる、改札のところ、ほら、防弾ガラスでできてて地下鉄の切符を売っているところへ行ってこう言いました。 「警察を呼んでください!!助けてください」 「係わり合いになりたくないわ」これが彼女の答えでした。 それで私はこう思いました。「一体・・・一体何なの!?どうしたらいいの・・・」 どこに私を助けてくれる人がいるのかしら?どこに・・・・・、 そのとき係わり合いになりたくないと思う人々の中におかれ、床からその人々を見上げてみると、人々は何もしないどころか・・・ まったく心配している気配すらなくて、そして・・・

それから私はどうにかしようとして・・・そこへ別の電車がホームに入ってきたので、その電車に飛び乗ろうとして、わかるでしょうか、別の電車に飛び乗って他の人がというかそのギャングが追いつく前に駅から去るために、どうにかがんばってそれをやってのけたのです。 ね、私はどうやってこの場を切り抜けたらいいのかまったく見当も付かなかったのです。そして、そして・・・・その後こんな風に手を髪の毛の中に差し込むように頭を抱えて、それから、手を頭から下ろしたら手の中には自分の髪の毛がいっぱいでした。 そいつらは私の毛を抜いてしまいました。 手の中にあったのは全部私の抜かれた毛でした。 ね、私の毛、私の手の中は私の髪の毛でいっぱいでした。


07. Black is the Color of My True Love's Hair / 愛しい人の黒い髪 02:47

(Excerpt / 抜粋) 0:30 500K MP3 128kB/s

 

08. Double Secret / Wナイショ 06:21

(Excerpt / 抜粋) 0:30 500K MP3 128kB/s

(Secret lyrics.)

(リリック・ナイショ。)


09. Saki-chan (Pt.2) / サキちゃん(Pt.2) 01:41

(Excerpt / 抜粋) 0:30 500K MP3 128kB/s

My name is Saki. I am Japanese and Transgendered. I feel half female, half male. I preserve both the male part and female part. I love pro wrestling. I watch martial arts. But, I also love feminine things. I also watch adult videos, now and then. I identify with the women. But whether or not I really care for the men is a bit delicate... Women or men, if they look really cute, I can like either. I'm not really Homosexual or Gay. Not Lesbian. Not a Straight man. Not a Straight woman. It's difficult. I really like Hermaphrodites. I admire androgyny - I think it's what I feel closest to. A female, feminine image but the body is male - I do that often. That's what I like.

(サンプルから引用)
マイ・ネーム・イズ・サキ。 トランズジェンダーの日本人です。 わたしはあの気持ち半分は女性、半分は男です。 男性のパートと女性のパート2つ持ってます。 プロレスリング大好きです。 マーシャルアーツ見ます。 でも、女性的なものも大好きです。 アダルトビデオも見ます、時々… 女性の方にわたしはアイデンティファイする。 でも私は男が好きかって聴かれたら、ちょっと、それは微妙。 男でも女性でもすごくかわいくて、きれいな人はすごく好きになります。 ホモセクシュアルでもゲイでもなくて、レズビアンでもないし、ストレートの男でもないし、ストレートの女でもないし… 難しい… 私はヘルマフロディット(両性化)がすごく大好きです。 アンドロゲナス(中性的)の状態が憧れます。 そういうのに近いのかもしれません。 女の女性のイメージだけど、体は男性、そういうの多いです。 そういうのが好きなんです。


10. Crosstown / クロスタウン 13:39

(Excerpt / 抜粋) 0:30 500K MP3 128kB/s

(Found source)
I was riding on the S2 bus headed to Silver Spirng. The bus, for most of the ride, had been filled with the quiet murmur of the other passengers. Suddenly, from the back of the bus a voice rose and wailed, "You my bitch!" "No, uh-uh, we are bitches!" I turned around and looked at the back of the bus - there were two brothers going at it! "No, you listen here! I ain't wearing lipstick, you are! I ain't no bitch! I fucked you! You my bitch!" This continued without resolution until we arrived at 16th and U Street. The bus is packed with passengers by now, and as we approach the stop I see ten more waiting to step aboard. Just as the first person steps aboard, a strident, hysterical voice shouts from the back, "I'm a forty-five year old black, gay man who enjoys - enjoys - taking dick in his rectum! I not your bitch! Your bitch is at home with your kids!" We are now entering the fifth dimension of our sexual consciousness. The ride is rough. There is no jelly for this!

(サンプルから引用)
私はシルバースプリングに向かうバスに乗っていました。そのバスでいつでも聞こえるのは大体乗客たちの静かな話し声でした。突然バスの後部座席のほうから大きな声があがり、泣き叫びはじめました。「You my bitch!」(あんた私の女でしょ!)、「No, uh-uh, we are bitches」(違うわよ!私達どっちも女でしょ!) 私は振り返りバスの後部を見ました ー そこには二人の黒人の男がいて、その二人が先程の声の主でした。 「聞きなさいよ!私は口紅をしてないでしょ、あんたみたいに!私はbitchじゃない!私があんたをやったのよ!あんたは私のbitchよ!」 この会話は何の進展もなくバスが16丁目とU通りの交差点の駅に到着するまで続きました。もうバスは乗客で満員です。そして10人ほどが並んで待っているバス停にバスが近づいていきました。最初に並んでいた人がバスに乗ろうとしたその時、どぎついヒステリックな声が後ろから飛んできました。「私は45歳の年老いた黒人のゲイで、けつにちんこをいれてもらうのが好きなの。あんたのBitchなんかじゃない!あんたのBitchはあなたの家で子供と一緒にいるのよ。」 私達はいま5次元の性的意識の中にいます。この旅はとても荒れています。この旅を助けるジェリーはありません!


11. Head (In My Private Lounge, My Pad) / プライベート・ラウンジ 06:09

(Excerpt / 抜粋) 0:30 500K MP3 128kB/s

(Terre, age 10.)
My private lounge, my pad.
Oh boy, that feels good!
It's cool...

We were walking down the street with our cameras and we just happened to see the head lying down on the ground, so we picked it up and we said, "Gee, you know, somebody's missing their head." And so we brought it to the police and said, "Gee, put this in the lost and found." So they put it in the lost and found, and nobody claimed it for such a long time that we just got to keep it because, you know, after so many days.... And then, you see, now it's starting to rot, and so we had to stuff it and we have it hanging on the wall, you know... right underneath our guns. And, so we, you know, just kept it and, you know... stuff like that.

Oh boy, I think I'll leave my private lounge now, and I'll stroll back to my pad....

(テーリ、10才)
僕だけのラウンジ、僕の居間です。
本当に、きもちいい〜!
かっこいい・・・

僕達がカメラを持って道を歩いていると、地面に転がっている頭を偶然発見しました。それで僕達はそれを拾ってこう言いました。「ねえ、誰かが頭をなくしちゃったみたい。」だから僕達はその頭を警察へ持っていって、こう言いました。「あの、これを遺失物に入れてください」って。そしたら警察はそれを遺失物にいれました。長い間誰も失くしたと申し出なかったので、僕達はそれを貰ったのですが、わかるでしょ、長い間誰も取りにこない時は・・・ それから、多分わかると思うけど、いまそれは腐り始めています。だから僕達はそれを剥製にして壁に飾らなくちゃいけません。ちょうど、そうだな・・・鉄砲の下にでも。それから僕達は実際そうしたのです、ね、それを取りに行って、こんな風に剥製にして・・・

さあ、こんどこそ僕だけのラウンジからでなくちゃ。そしてぶらぶらして、僕の居間に戻ってくるのです・・・


12. Infected / インフェクション 08:34

(Excerpt / 抜粋) 0:30 500K MP3 128kB/s

(Found source)
"But if you will cooperate, scientists will analyse your blood and try to find a cure for the disease."

"A cure? I would do anything for a cure! Please, let me be the test case..."

Infected...
It's serious...
Don't ignore it...

Ain't no antidote...
Ain't no hope...

(サンプルから引用)
「もしご協力頂ければ、科学者はあなたの血液を分析し、この病気のための治療法を見つけるでしょう。」

「治療?私は治療のためなら何でもしましょう!実験台にしてください...」

感染した…
重篤…
無視しないで…

治療薬はない…
希望はない…


Produced, mixed and arranged by Terre Thaemlitz
No fucking-sucking-licking-sticking without latex
Rinse your works with bleach and water
Do not attempt using any part of this product as a safer sex device


k-s.h.e discography
k-s.h.eのディスコグラフィー

 
full-length albums
アルバム


vinyl 12" singles
ビニール12インチのシングル

  • K-S.H.E: Route 1 EP Japan: Comatonse Recordings, 2006, C.013.EP1
  • K-S.H.E: Route 2 EP Japan: Comatonse Recordings, 2006, C.013.EP2
  • K-S.H.E: Route 3 EP Japan: Comatonse Recordings, 2006, C.013.EP3 (White Vinyl)
  • K-S.H.E vs. Juzu a.k.a. Moochy: Morning Grow (Melancholy Grow Remixes) Japan: Comatonse Recordings, 2006 C.015
  • DJ Sprinkles vs. K-S.H.E: A Short Introduction to the House Sounds of Terre Thaemlitz France: Skylax, 2010, LAX 115
  • DJ Sprinkles presents Kami-Sakunobe House Explosion: House Explosion I France: Skylax, 2010, LAX 116 (Blue Vinyl)
  • DJ Sprinkles presents Kami-Sakunobe House Explosion: House Explosion II France: Skylax, 2010, LAX 117 (Yellow Vinyl)
  • DJ Sprinkles presents Kami-Sakunobe House Explosion: House Explosion III Performed live by Terre Thaemlitz & Zeitkratzer at the Volksbühne, Berlin. France: Skylax, 2010, LAX 118 (Red Vinyl)

compilations
コンピ

  • O-parts 2 Japan: O-Parts Recordings, 2004, OPCD-002. Includes "Double Secret (No-Parts Mix)" (as DJ Sprinkles)
  • O-parts 2 EP Japan: O-Parts Recordings, 2004, OPLP-002. Includes "Double Secret (No-Parts Dub)" (as DJ Sprinkles)
  • Compact Vinyl 2 Japan: Cisco Stevier, 2006/2/10, STVCD-002. Includes "Down Home Kami-Sakunobe (Zeitkratzer & Terre Thaemlitz live at Volksbüne)"